【うさぎ遺言の章 第1話 『旅が始まる!』 】 ≪うさぎ遺言≫の旅、ここにスタート!

 

 

「 ≪うさぎ遺言≫ の旅へようこそ! ここから見始めてくださったかたははじめまして! ≪うさウィル≫ からの方はまた会えてうれしいです! ≪うさウィル≫ から引き続き、僕、オーギュストと、」

「かっこよくて激カワプリティな、うさぎの達人・クロードがお供するんや! あんじょうよろしゅうに! やで! キラン★」

「ことあるごとに盛るね・・・ ≪うさウィル≫ のときも言ってたけどうさぎの達人ってなんの達人?」

「いや、実は自分でもよう分からん。なんとなく? でも、なんかうち、達人な感じせぇへん?」

「達人な感じって・・・ まあそれはともかく、≪うさウィル≫ も完成させてくれた方は、≪うさぎ遺言≫ に進んでもらえて本当に嬉しいです!」

「もうほんとにせやで! ≪うさウィル≫ で満足してもうたらほんまにもったいないからな〜  いや、≪うさウィル≫ だけでも思いは強まるんやけど、≪うさぎ遺言≫ こそメインディッシュ!」

「うんうん。 ここからが本番なので、一緒に頑張」

 

 

哀れなウサギたち・・・

 

「お、おまえは!」

「ユマン!? なんでここに!!」

 

 

我が名はユマン 人間界の意思

 

哀れなる物がどう足掻こうと ヒトは変わらない

 

「そんなことない! 実際にこうやって、僕たちの声を聴いてくれる人がいるじゃないか!」

「せ、せや、やってみな、わからんやないか・・・」

 

 

哀れなるうさぎが何をしようとも

 

無責任』によりお前たちは傷めつけられ

 

面倒』によりお前たちは遠ざけられ

 

やがて『無関心』がお前たちを消し去るだろう

 

「ユマン! もしそうだったとしても、僕らは諦めたりしない。 今こうして話を聞いてくれる人を貶めることは、君の本意ではないだろう?」

 

 

諦めよ 悲しみは減らない・・・

 

「・・・
 
去ったみたいだね。
驚かせてごめんね、今のあれは『ユマン』って呼ばれてる、人間界の思念の塊みたいな存在なんだ。 アニマ界が ≪うさぎ遺言≫ を研究し始めたころ、ユマンが人間界を覆っていて、人間が遺言書を書かないように見えない力を働かせているらしいってことが分かったんだ」

「せや・・・ あいつだけは、いつかなんとかせんとあかんのや」

「・・・  僕たちがあなたに ≪うさぎ遺言≫ について教えようとするたびに、もしかするとユマンが何かしら悪い影響を与えてくるかもしれないけど、どうか負けないでほしいんだ。 僕たちも全力でサポートするからね」

「せや! よっしゃ、仕切り直しや! 早速 ≪うさぎ遺言≫ の第一歩に進むで! まずは↓の法術アイコンをクリックして、データをダウンロードするんや。 デスクトップPCで使うのを前提にしとるから、スマホとかやと落とせん可能性があるのだけごめんやで。 このデータはすごいんやで! ≪うさぎ遺言≫ を創るために必要な6つの法陣と1つの大法陣の法理を我らがアニマ界遺言法術創生研究会の技術の粋を集めて超高純度に圧縮し、従来のあらゆる法陣の性能を凌駕し全てを過去のものとした最高傑作の

「マイクロソフト社のエクセルデータです」

「うちの頑張りはなんやったの!?」

 

★『はじめに』PDF★

「まぁエクセルはエクセルだから・・・ もちろん、クロードの言う通り、このエクセルには≪うさぎ遺言≫創生のための技術がふんだんに詰め込まれています。 おそらく、ペットの動物を護ることを前提にしたこんな遺言創生ツールは少なくとも今現在の日本には他に存在していないでしょう。 ただ、しっかり確認しながら入力してもらうことになるので、このデータは作業がしやすいデスクトップPCでの使用を前提にしています。 エクセルのバージョンやセキュリティ設定によって、データを開くと画面の上あたりに黄色い欄に注意喚起が2回ほど表示されますが、『編集を有効にする』『コンテンツの有効化』のボタンを押して編集可能にしてください。 エクセルが使えない方は、アイコンの横にあるPDFダウンロードリンクをクリックしてください エクセルの最初のシートのPDFがダウンロードできるので、それをご使用くださいませ」

「ブラウザに直接データ入力できるようなもんとかも考えたんやけど、これ以上ないっちゅうくらい重要な個人情報がネットに洩れてもうたりしたら大惨事やから却下になったんや」

「そういうわけで、一番楽に入力できて比較的普及率の高いエクセルで作成されています。 このエクセルのデータを最後まで使い続ければ、とっても楽に法術を完成させられますので、できるかぎりこのエクセルデータで、デスクトップPCなど編集が容易な端末で使用されることをお勧めします。 ちなみに、↓のサイトなどでPDFのビューワーがダウンロードできます。ビューワーがあればPDFの閲覧と印刷は可能なので、エクセルのソフトが無い方は毎回一緒に設置するPDFのデータをそのビューワーで表示して、代用してもらえると本当に嬉しいです。 あと、エクセルが使える方も、その端末の設定やバージョンでシートが見にくかったり使いにくかったりする可能性があるので、そうだった場合は本当にごめんなさい」

 

 

■Acrobat PDFリーダー■

「エクセルはほんまに楽やから、なんとかエクセルでやれんか検討してみてな。
 
ほんなら、早速見ていくで。 データを開いたら、≪うさぎ遺言≫のシンプルながらもかっちょええロゴがどーんと出てくるはずや。 そのシートが最初のページで、旅が進むごとに横に並んでる法陣のシートをひとつひとつ創っていくんやで」

「今回はこの『はじめに』のシートと、隣の『ぶどう法陣』を創っていく予定です。まずは、ロゴの下のカッコ書きをしっかり読んでください。 小さい文字でごめんなさい、ただ、重要なことが書いてあります」

「まーつまりやな、ひとことで言えば、このデータは本気と書いてマジと読むくらいマジにマジマジなマジデータなんや! マージマ●マジ●ロ♪ マージマ●マー●カ♪ ミ●ラミラ●ル〜マ●カルフォ●ス♪ やで!」

「字面が一緒だけっていうだけで極めつけに限定されたネタや歌をぶっこむのはやめようね… JA●RACを恐れすぎて、はらぺこあおむしみたいになっちゃってるし…」

「え? この歌、立原あゆみ先生の応援歌やろ?」

断じて違う。  とにかく、このデータは本当に真剣にかつ慎重に取り扱うべきデータであって、漫画読み過ぎのうさぎの下手なブラックジョークとか、戦隊モノ見過ぎのうさぎの薄っぺらい思い付きの冗談とかそんなものでは決してない、ということをまず分かって頂きたいんです」

「うち地味にディスられてへん?」

「あと、いかな ≪うさぎ遺言≫ の創生法術エクセルとはいえ、全ての人に完全にうまく当てはまるものが創れるまでのものは残念ながらまだ出来ていません。 僕たちの力も限界があるので、このデータで出来上がった ≪うさぎ遺言≫ が本当にしっかりと法力を発揮するかどうかは、専門の法術士に確認してもらわない限り保証できないのが現状です。  でも、この法術はペットを護るためのノウハウやペットがいないケースでも法的に問題の無い遺言が創れる仕組みをふんだんに詰め込まれているので、どうか僕たちと一緒に創生の旅を続けてもらえたら嬉しいです!」

「せや データの不足する分をフォローするためにうちらがおるんやから、大ウサに乗ったつもりで安心したって!」

「大ウサってフレミッシュジャイアントとかのことだろうか…  それはともかく、次に進みますね。 その注意書きの下にスクロールしていくと、【A】【B】【C】と書かれた入力枠がありますので、早速ですがそれぞれにあなたの氏名、誕生日、住所を書いてください」

「エクセルが使えんひとはビューワーで印刷するか、画面見ながら別の紙に書いてみてな。 で、や。  最初に書く名前なんて適当でええとか思ってたら大間違いや! もう既に、うちらの戦いは始まっとるんやで!」

「戦いといったら大げさだけど、クロードの言う通り、この名前と住所も実は ≪うさぎ遺言≫ を構成する法術の一部になっています。住民票に書いてある漢字を使って、正確に氏名住所を入力してくださいね あとエクセルなら、誕生年の種類はセルの▼をおせば和暦と西暦が選べるようになっています」

「繰り返しになってまうけど、この ≪うさぎ遺言≫ は法術の基礎部分をいくつも創ってから、最後にひとつにまとめる流れになるから、データを使って入力した方が圧倒的に楽なんや。 ネットカフェもエクセルが使える店たくさんあるらしいから、とりあえずエクセル持ってない場合は紙に書けるだけ書いてみて、最後にそういう場所のPCを利用して一気に入力とかでもええと思うで!」

「もちろん、ネットカフェは使用料がかかってしまいますので予算を考えて検討してみてくださいね。 結局エクセルを導入した方が安くついた、なんてことになるとちょっと悲しいですので…」

「せやで! よーくか●がえよー♪お金●大●だよー♪」

「テレビの見すぎだってば。 ていうかいちいち時代が古いのにいったいどうやって見たのそういうの」

「ようつべ先生にはなんでもあるんやで…  よっしゃ、次から本格的にびしばしいくでー!」

「次では、横のシートの『ぶどう法陣』の組み方を説明していくよ! あ、でも無理しないでね 休憩も大事だから、疲れてきたら一休みしてね!」

 

 

 

 

 
★ 序章 ★ ★ うさウィルの章 ★ ★ うさぎ遺言の章 ★ ★《スペシャル》 ERL2018!★ ★ お問合せ ★